健康相談、健康食品や生活習慣に関するお問い合わせに応える漢方相談のできるお店です

糖尿病

糖尿病

血液中の糖分すなわち血糖が慢性的に過剰な状態になりやすい体質を糖尿病といい、日本人の約5%がこの体質を持っているといわれています。

はっきりした自覚を伴う症状が出ないため、発見が遅れたり、高血糖を指摘されても放置している人が少なくありませんが、

長期間高血糖が続くと失明や腎機能障害、心筋梗塞などの重大な合併症を引き起こす恐れが強い病気です。

糖尿病の原因と発病のしくみ

食物中の炭水化物(でんぷん)は消化・分解されてブドウ糖となり、
消化管から吸収されて血液中に溶け込みます。
そして体の隅々まで運ばれて、脳や筋肉でのエネルギー源となります。
また、余分な糖分は肝臓や脂肪組織に運ばれて蓄えとなります。
血液中のブドウ糖=血糖を利用したり蓄えたりしながら血糖の濃度をコントロールしているのは
インスリンというホルモンの働きです。

インスリンの量が十分でない、またはインスリンの作用が悪いなどの原因で
インスリンによる血糖のコントロールがうまくいかなくなると血糖値が高くなります
この状態が続くと、糖尿病ということになります

糖尿病の種類

糖尿病にはインスリンを作る細胞が破壊されて
体内でほとんどインスリンが作られない1型糖尿病
生まれつきインスリン分泌が悪いなどの遺伝的素因を持った人に
肥満、過食、運動不足などが加わって
インスリンの作用が低下して起こる2型糖尿病があります。

日本人の糖尿病の95%がこの2型糖尿病です。

症状と経過

血糖値がコントロールできずに高血糖が続くと、腎臓から尿中に糖分があふれ出します。
自覚症状としてのどが渇いたり、夜間に何回もトイレに行くようになります。
また、疲労感があったり、いくら食べても体重が減るということも起こります。

しかし、このような自覚症状が軽い場合や、自覚症状が殆どないとしても、体の中では重大な障害が進行しているのです。

それが糖尿病性合併症です。

糖尿病性合併症

糖尿病で血糖値が高い状態が続いても、強い自覚症状が出ないことが多いため
十分な対策を取らず、放置していると…

  • 動脈硬化の進行⇒心筋梗塞・脳梗塞
  • 網膜症
  • 腎症
  • 神経障害

という重大な合併症がひそかに進行してゆきます。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional