健康相談、健康食品や生活習慣に関するお問い合わせに応える漢方相談のできるお店です

女性と中医学

女性と中医学

女性に特有の症状を中医学で理解しましょう

月経困難症(月経痛)

月経についてはいつもの自分の状態を「一般的に普通の状態」と考えてしまいがちです。
たとえば毎月月経痛が重くて、1〜2日は仕事も休まなければならないような状態でも
「みんな似たようなものだろう」と思い込んでいる人はきっといることと思います。
これは、一番身近な女性である、母親や姉妹が同じ症状を表すことが多いことも原因の一つかもしれません。
同じ体質、同じ食事などの生活習慣は、同じ症状の基を作るからです。

しかし、本来月経時に痛みを伴うのは普通ではありません。

痛くないのが普通といわれても、10代の頃から毎回痛い人には信じられないかもしれませんが…

痛みの原因=瘀血

中医学を学び始めの初級講座の初日
当時はよくわからないままにとにかくノートをとった、
その中に不通則痛 不栄即通という言葉がありました。

  • 不通則痛=通りを妨げられて痛む=実の痛み
  • 不栄即痛=筋肉に栄養が足りず痛む=虚の痛み
    実の痛みは、血行が悪くなって痛むということで、これを瘀血といいます。

瘀血(血液の停滞)が起こる原因

  • 寒→冷えて血行が悪くなる
  • ストレス→気滞(交感神経が緊張→血管が細くなる→停滞)
  • 熱→停滞
  • 血虚

実の痛み:はげしい、キリキリ、刺通、ひどい。月経前、月経一日目に痛む
虚の痛み:軽い、シクシク。月経中間、終わりかけ、終わってから痛む

ノートの内容を見ていると、重い月経痛の主たる原因のひとつが瘀血であるとわかります

瘀血の症状

瘀血が表す症状には次の4点があります。

  1. 疼痛 固定性(決まった場所)の痛み…ものすごく痛い
  2. 出血・色素沈着 シミ、肝斑 
  3. 皮膚甲錯 皮膚がひび割れる。サメ肌のひどいもの
  4. 腫瘤(異常細胞) 子宮筋腫・ガン

瘀血の改善

当然瘀血の起こった原因によって対処も変わってきます。

原因治法処方例
冷え温める当帰四逆加呉茱萸生姜湯
血行不良活血化瘀桂枝茯苓丸、桃核承気湯
ストレスによる気滞疏肝理気加味逍遙散
血虚血を補う当帰芍薬散、四物湯

以上は、漢方薬による対処法ですが、
薬だけで対処するのは効率も悪く、根本原因に眼を向けないことにもつながりかねませんから
生活習慣の改善は欠かすことのできない重要な要素です

生活習慣の改善ポイント

  • 冷やさない
  • 体を良く動かす
  • 早寝早起き

は基本です。食事も大切。
明日の体を作るのは、今日の食物です。

瘀血は血液の滞りですから血液をサラサラにする食べ物が必要です。
体の中に老廃物を残さないように、動物性タンパク質は控えめに。
できてしまった老廃物を排泄するのに必要なミネラル、酵素、ビタミンをたくさん摂りましょう。
そのためには野菜、海草、キノコ、果物など、土から栄養を吸収している植物性のものをしっかり食べるのがお勧めです。

それからとっても大事なことは
アイスクリームや甘いものなどを毎日のように食べる習慣をつけないことです。
アイスクリームはもちろん直接体を冷やしますし、
甘いものは冷性でやはり体を冷やします。
そんな習慣をやめるだけでも、鎮痛剤がいらなくなるかも!!
本当です。

子宮筋腫

子宮筋腫は瘀血の一種です。
ですから、「月経困難症」の項で示した治法の「活血化瘀」で改善します。
     ⇒「瘀血」については、こちら
とはいっても、瘀血が長年続いたことで腫瘤ができているわけですから、
当然、一朝一夕には治りません。

また、月経困難症の治療でつかわれる桂枝茯苓丸や桃核承気湯だけでは改善も困難です。
長年かけてできた「しこり」を壊すには「破血」することが必要です。
田七人参などが、その目的でつかわれます。

                       ⇒このページのトップへ

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional