健康相談、健康食品や生活習慣に関するお問い合わせに応える漢方相談のできるお店です

中医学

中医学

中医学と漢方

中医学」というのは中国の伝統医学のことです。
日本で「漢方」とよぶものとほぼ同じと考えてもいいでしょう

中医学の考え方の根底には中国の古代哲学が流れています。
この哲学は人間や自然に対する深い観察から成り立っていて
それを根拠とする中医学には体の中で起こることや人間の精神など
見えないものに対する洞察力があふれています。

話が難しくなってしまいましたが
要するに中医学は人を精神も体も合わせて観察し、理解しようとする学問なのです。

現代医学との相違

現在私たちが日本で医学といえばほぼ現代医学(西洋医学)を指します
感染症の克服、手術などの医療技術の進歩等々
私たちの長寿も健康も現代医学に負うところが大です。

しかし一方で「これ以上手を施せない」という医療の限界や
もっと身近でよく耳にするのは、確かに体の不調を感じているのに
検査しても「どこも悪くありません。気のせいでは?」と告げられる例など…
現代医学も万能ではないと感じざるを得ません

その原因がもしかして人間を専門科ごとの部分でしか見ないことや
眼に見えないもの、数値に表せないものをゼロと考える傾向にあるとしたら
その点を補うことができるのが中医学ではないでしょうか?

統合医療…現代医学と伝統医学のコラボレーション

ガンの治療を例に取ります。
現代医学では手術、抗がん剤、放射線照射の三大療法を駆使して
がん細胞に立ち向かいます。
これらはガンに対して大変有効な武器であり、
この三大療法で戦い抜いてガンを克服した方はたくさんいらっしゃいます。

一方で、三大療法を選べない方、治療を始めても断念せざるを得ない方もあります。
なぜでしょうか?
それは、がん細胞ももともとは「自己」つまり自分の細胞だからです。
がん細胞だけを狙って放射線や抗がん剤を投与しても、
それらはがん細胞だけでなく正常な細胞をも攻撃してしまうのです。
特に細胞分裂が活発な部分に副作用が起こりやすいです。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional