健康相談、健康食品や生活習慣に関するお問い合わせに応える漢方相談のできるお店です

不妊

妊娠と中医学

不妊

不妊については、背景も原因もさまざま。
今後の方針も一人ひとり違ってきますので、
相談による個別対応がぜひとも必要となります。

中医学による治療の方針

妊娠が成立しない原因にもよりますが、
基本的には中医学による治療は、
「本来発揮されるべき力をスムーズに発揮できるように
心や体の環境を整える」
という方針に沿ったものになります。

西洋医学での不妊治療が、いろいろな検査をして妊娠できない原因を探り、
その原因に対する治療を行うのに比べて、
漢方では体全体のバランスの崩れを整えて、妊娠しやすい体を作ることが治療の中心になります。

具体的に言うと、たとえば卵子が十分に成熟しない状態で排卵されているならば、
卵巣の機能を上げる「補腎」を行うとともに、
卵巣への血流を悪くする「冷え」や「ストレス」を改善することも必要と考えて、
漢方薬の使用や、食事・生活習慣の見直しをアドバイスしたりもします。

このように、中医学や漢方による不妊治療は、
体に備わった本来の力が発揮されることを妨げる要因を除き、
体の機能を正常に整えてくれるものです。
ですから、妊娠に成功したのちも、胎児の健やかな成長や
リスクの少ない出産、安定した育児、そして更年期まで視野に入れて
女性の体をいたわる治療であるといえます。

不妊の陰にも瘀血の症状

瘀血が表す症状には次の4点があります。

  1. 疼痛 固定性(決まった場所)の痛み…ものすごく痛い
  2. 出血・色素沈着 シミ、肝斑 
  3. 皮膚甲錯 皮膚がひび割れる。サメ肌のひどいもの
  4. 腫瘤(異常細胞) 子宮筋腫・ガン

子宮筋腫が不妊の原因になることもありますし、
血流が悪いことで低体温症になっていれば、それもまた不妊につながります

瘀血の改善

当然瘀血の起こった原因によって対処も変わってきます。

原因治法処方例
冷え温める当帰四逆加呉茱萸生姜湯
血行不良活血化瘀桂枝茯苓丸、桃核承気湯
ストレスによる気滞疏肝理気加味逍遙散
血虚血を補う当帰芍薬散、四物湯 、婦宝当帰膠

特に妊娠を考えているならば、血虚の改善は必須です。

また、漢方薬だけで対処するのは効率も悪く、根本原因に眼を向けないことにもつながりかねませんから
生活習慣の改善も欠かすことのできない重要な要素です

生活習慣の改善ポイント

  • 冷やさない
  • 体を良く動かす
  • 早寝早起き

は基本です。食事も大切。
明日の体を作るのは、今日の食物です。

瘀血は血液の滞りですから血液をサラサラにする食べ物が必要です。
体の中に老廃物を残さないように、動物性タンパク質は控えめに。
できてしまった老廃物を排泄するのに必要なミネラル、酵素、ビタミンをたくさん摂りましょう。
そのためには野菜、海草、キノコ、果物など、土から栄養を吸収している植物性のものをしっかり食べるのがお勧めです。

それからとっても大事なことは
アイスクリームや甘いものなどを毎日のように食べる習慣をつけないことです。
アイスクリームはもちろん直接体を冷やしますし、
甘いものは冷性でやはり体を冷やします。
そんな習慣をやめるだけでも、鎮痛剤がいらなくなるかも!!
本当です。

子宮筋腫

子宮筋腫は瘀血の一種です。
ですから、「月経困難症」の項で示した治法の「活血化瘀」で改善します。
とはいっても、瘀血が長年続いたことで腫瘤ができているわけですから、
当然、一朝一夕には治りません。

また、月経困難症の治療でつかわれる桂枝茯苓丸や桃核承気湯だけでは改善も困難です。
長年かけてできた「しこり」を壊すには「破血」することが必要です。
田七人参などが、その目的でつかわれます。

                       ⇒このページのトップへ

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional